悩める方頑張る方に寄り添いたい..

子宮を意識してケアを考えた事がありますか?



子宮に悩みを抱えている方が本当に多い現代


私もその一人


子宮に見向きもせずいたら
ある時、悲鳴をあげました



“時代の変化の中で生まれてきた様々な子宮の症状”


この言葉が自分自身の子宮が悲鳴をあげた時に聞いたはじめての言葉でした








お仕事を頑張る女性
毎日の家事育児

仕事も家事も育児もという方も少なくないはず




最近は30歳を過ぎてからの出産が当たり前になってきました


子供を産む方、産まない方、産めない方
人の数だけ人生があって
選択肢もある



初潮を迎えてから閉経後まで、あらゆる年代・ライフステージにわたって
女性の健康と密接に関わる子宮



子宮に目を向けずに
休む事なく動き続けていると
知らず知らずのうちに
子宮は疲れていたり
悲鳴をあげているかもしれません



まずは、
意識を向けるだけでもいいので
そっと子宮あたりに手を当てる事から
はじめてみませんか?




私もまずは意識を向けて
そこからでした










子宮バランスセラピーについて










※こんな症状がある方に特にオススメです


激しい生理痛 /  生理不順
便秘
子供がおりやすい、出来にくい、妊娠を望まれる方
産後のケア
ストレス過多
子宮内膜症 / 子宮筋腫の予防
更年期障害
女性ホルモンのバランスの乱れ
頻尿 / 尿漏れ
オリモノの違和感 / 悪臭
腰痛 / 肩こり
ハリのない、女性らしくない身体つき
性交時の痛み
重いものをよく持つ
仕事のし過ぎ、座りっぱなし、立ちっぱなし
ダンスや体操など、飛ぶ・はねるといった動きをよくする
高いヒールをよく履く
階段の上り下りが多い
加齢、エクササイズ不足による筋力低下
腰まわりやお尻を強く打った  

etc..




〝子宮を本来あるべき位置へ〟


現代の生活スタイルは、座るでも立つでも同じ姿勢を長時間続けている事が多くなりがち。
同じ姿勢を長時間続けることは、身体の軸が歪む原因になると言われています。

子宮は靭帯によって骨盤内に固定されている臓器であるため非常に動きやすい臓器と言え
腰やお尻をぶつけるといった少しの衝撃や立っちぱなし座りっぱなしで硬くなった靭帯の影響で
左右にずれたり子宮の位置が下がったりすることがよくあります。
また冬場の冷え、夏場の冷房、長時間同じ姿勢を続ける事で子宮も固く冷えてきます。

タイでは、子宮の位置のずれが女性特有の症状を引き起こす大きな要因の一つであると考えられています。

子宮バランスセラピーは、2600年の歴史があるタイ伝統医学の知識とタイの助産師さん達の間で古くから口承で伝えられてきた手技と経験が融合したオリジナルの伝統的施術法です。




◎◎◎

子宮バランスセラピー120分・・13000円  


※初回時、120分以上お時間を頂くことがございます。
※施術は着衣の状態で行い、陰部に直接触れる事は決してありません。
※生理中、妊娠・妊娠の可能性がある方は受ける事ができません。
※お食事は2時間前までにはお済ませください。


癌、重度の脳疾患 ・心臓疾患・高血圧・糖尿病、お腹エリアの手術後、
卵巣・子宮に炎症がある方も先に治療に専念して頂く必要があるためお受けできません。